活動の模様を写真と記事で紹介します。
ブログを活用して、より読みやすいものにしてみました。
コメント、トラックバックなどたくさんお寄せ下さい。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
第6回朝里十字街雪まつり


親子で遊びに来てね!!

★第6回朝里十字街雪まつり
開  催  日:平成28年2月6日(土)と7日(日) 11:00〜13:00
開催場所:朝里十字街の広場
主 催:朝里十字街雪まつり実行委員会
後 援:小樽市
助 成:小樽市社会福祉協議会助成事業
問合せ:実行委員会事務局(0134‐51‐2121)
※駐車場はありません。ご来場は徒歩でお願いします。


開催スケジュール
※スケジュールは当日変更になる場合があります。ご了承下さい。

2月6日(土)
11:00 開催合図の花火/開会式
11:05 実行委員会会長挨拶
11:15 雪のオブジェの紹介タイム
11:30 子供宝さがしゲーム(小学3年生以下)
12:00 歌謡ショー 叶やよい
12:30 親子玉入れゲーム
13:00 閉会の挨拶
※小樽のゆるキャラ「運がっぱちゃん」と北海道新聞マスコット「ぶんちゃん」が会場に遊びに来ます。

2月7日(日)
11:00 開会の挨拶
11:05 子供宝さがしゲーム(小学3年生以下)
11:30 雪中運動会
12:15 小樽水族館 ペンタ君とのクイズゲーム(小学生)
12:30 親子そり競争
13:00 閉会の挨拶
※小樽水族館のゆるキャラ「ペンタ君」と北海道新聞マスコット「ぶんちゃん」が会場に遊びに来ます。



雪のオブジェ
・くまのプーさん「はちみつ大好き」
朝里町会・新光西町会・ベイビュータウン町会
・ゴルラのゴリ君と猿山のにぎわい
新光東町会・新光東コスモス会
・運がっぱと遊ぼう
新光南町会
・お小夜清吉 朝里悲恋物語(メインステージ)
朝里にまちづくりセンターを創る会・郵便局
・おたる水族館朝里出張所(アサリ文字シンボルオブジェ)
小樽・朝里のまちづくりの会

・雪の滑り台
雪の滑り台は3つのスロープがあります。また各団体作成の雪のオブジェにも滑り台がついています。


飲食コーナーでは、うどん、お汁粉、フランクフルト、ホットココア、ホットワインなどを販売します。
100円単位の飲食購入チケット(食券)を会場内で販売しますので、その券を事前に購入して飲食売店で引き換えて下さい。


※雪まつり会場のオブジェは、
2月5日(金)から11日(木)の期間、
午後5時から8時ころまで、
雪あかりのろうそくを点灯します。


★雪あかりの路点灯式
開  催  日:平成27年2月5日(金) 17:00〜18:00
開催場所:朝里十字街の広場
主 催:小樽・朝里のまちづくりの会、朝里十字街雪まつり実行委員会
会場では、温かい飲み物とおそばを振る舞います。ぜひ遊びにいらして下さい。
朝里十字街雪まつりの会場作りが始まりました!
今年も朝里十字街雪まつりの準備が始まりました!
開催日は1月6日(土)と7日(日)です。
地域の町会・敬老会・団体・企業が力を合わせて、子供達が楽しく遊べる雪のオブジェや滑り台を作ります。
開催日には、楽しいゲームや歌謡ショー、飲食売店も並びます。遊びに来てくださいね!




 
海・山・人〜朝里川植樹祭2015


朝里川植樹祭

 2015年10月18日(日)午前9時から朝里川公園にて「海・山・人〜朝里川植樹祭2015」が開催されました。主催は地域の町会・敬老会と朝里のまちづくりの会で組織する朝里川植樹祭実行委員会。昨年に続いて松前城公園の桜守・浅利政俊先生を迎え、朝里小学校5名、朝里中学校6名の生徒を含む87名が参加しました。


▲植樹祭会場には朝里小3年生が描いたポスターを掲示

 植樹を始めた13年前からこの地域に数多く植えたのは主に早咲きのエゾヤマザクラでした。遊歩道の整備が進み、実行委員会を組織して、通年管理を目指すようになってからは、開花時期の遅い八重桜「関山」を増やすようにして植樹を続けてきました。今後は10年、20年と桜を大切に育てる作業が中心になります。今回の植樹祭では、これまでに植えた桜で生育の悪かったもの11本の植え替えを、朝里川公園内と遊歩道で行いました。


▲好天でしたが空が霞むほどの雪虫で大変でした。

 また、将来はこの朝里川沿いで長く桜を楽しめるように、さまざまな種類の桜を育てたいという夢もあります。今回は小樽市の許可をいただいて、朝里川公園内の広場の一角に、30本の桜苗を植えました。これらはまだ2年ほどの幼木なので、後3年ほどしたら一部を移し替える必要がありますが、それまで元気に育つようにと、子供達を中心に一本一本ていねいに植樹を行いました。穴をほって支柱を立て、根巻した1メートルほどの桜苗を植える作業は、中学生にはなかなか大変な力仕事でしたが、みんなで力を合わせて6本を植樹し「花が咲いたら見に来たい」と話してくれました。
 作業は2時間ほどで終了し、女性会員が炊いたお赤飯をいただいて、11時に解散となりました。


▲多品種の幼木30本を植樹しました。

朝里川桜セミナー


▲浅利先生

 植樹祭前日の10月17日(土)午後4時から中サロンにて、桜守・浅利政俊先生を講師に迎え、「朝里川桜セミナー」が、受講者40名の参加で行われました。『朝里川をきれいにしよう』をテーマに朝里小学校3年の児童が描いたポスターが会場に飾られているのを見て「環境を大切にしようという気持ちを自分達の足元から発表できるのは素晴らしい」と浅利先生は大きな拍手。


▲朝里小3年生が描いたポスターは19作品。

 「全道各地の公園を見てきましたが、高度成長期に作られた公園は財政と人手不足で管理が行き届かず、利用価値が失われているところが多い。この朝里川の植樹活動が他と違うのは、地域住民がボランティアで知恵と力を出し合って桜を植え育て、その場所を活かしたイベントを熱心に行なっていること。自然と人を同時に育て互いを高める豊かな組織力が新しい時代を作るのです」と植樹祭とボランティア活動の意義を語りました。


▲浅利先生は60分の興味深い講義を楽しく披露されました。

 またセミナー前に朝里川公園の桜を観察した浅利先生は「13年前に植えられ立派に育った桜は、樹皮に傷がなく根の周りも良い状態でした。どんな植物も命を支えているのは樹皮の下にある細い管と根の先にある毛根で、それらが傷つくと養分の循環が途絶えてしまいます」と樹木の構造について説明し、樹皮を守る草刈方法や肥料の与え方のポイントを話されました。


▲セミナー前の朝里川公園で13年前植樹した桜を調べる浅利先生。




▲植え替え用の苗の剪定をする金田さん(背中)。

 ゲスト参加の樹木医・金田正弘さんは宏楽園ホテルから「桜が咲かなくなった」と相談を受けて管理を引き受けた頃の苦労や工夫を語り「技術や知識は常に新しく進化するもの。古い考えにとらわれず、今やっていることもいつかは新しい方法にとってかわるという柔らかい気持ちを持ち続けるのが大事です。宏楽園の木々は幸いな事に火事による被害はまぬがれて、来春は桜を楽しんでもらえると思います」と。


▲樹木医の金田さん。来春の宏楽園の桜が楽しみです。

 18時からの懇親会では、朝里川遊歩道のウワミズザクラの実で作った果実酒も振る舞われ『桜守』の歌を皆で合唱し、浅利先生を囲んで和やかに楽しいひとときを過ごしました。



 
「朝里川植樹祭2015」と「桜セミナー in 朝里」


海・山・人朝里川植樹祭2015

日時 2015年10月18日(日)午前9時
会場 朝里川公園 自由広場の海側奥集合
主催 朝里川植樹祭実行委員会
協力 小樽市
助成 公益法人北海道地域活動振興協会(まちづくり推進活動支援事業)
問合 実行委員会事務局 0134-51-2121

◎フライヤー PDFファイル(1.6MB)
http://asari.cc/pdf/2015_shokujyu.pdf

開催スケジュール
08:30 参加者受付(事前申し込み)
09:05 開会式
09:20 作業内容の説明
09:40 作業開始
 1)朝里川公園内 多品種桜の幼木植樹
  A班 19本 リーダー:大原宰、本谷登己雄、佐々木秩
     朝里中学校、朝里花友会、まちづくりの会
  B班 11本 リーダー:中井進、中沖均、佐藤文義
     朝里小学校、まちづくりの会、一般参加者
 2)朝里川公園内 6本の桜植え替え
  リーダー:永井邦雄
  朝里町会、新光東町会、新光東コスモス会、新光南町会
 3)遊歩道・橋脚付近 5本の桜植え替え
  リーダー:林東洋
  新光西町会、新光西新和会、新光南友愛の会
11:50 作業終了
12:00 閉会式

概要
13年前に初めて桜を植えた朝里川公園に、遅咲き品種の桜苗を植樹します。また現在管理している桜330本のうち、生育不良の桜を11本植え替える作業を行います。


★桜セミナー in 朝里
松前公園の桜守・浅利政俊先生を迎えて、今年も桜セミナーを行います。ゲストには宏楽園の庭園管理を手掛ける緑の総合研究所の樹木医・金田正弘氏。約90分のセミナーは参加無料です。(懇親会参加希望者は会費1000円で、事前申し込みが必要です)

日時 2015年10月17日(土)
   セミナー 午後4時〜5時30分
   懇親会  午後6時〜7時30分
場所 中サロン(小樽市新光4-10-22・北海道新聞中販売所向かい)
問い合わせ・お申し込み
   0134-51-2121 北海道新聞中販売所
   懇親会の申し込み締め切りは10月15日です。


◎フライヤー PDFファイル(1.6MB)
http://asari.cc/pdf/2015_shokujyu.pdf




 
第2回 朝里川遊歩道 親子マラソン 参加者募集!


名 称:第2回 朝里川遊歩道 親子マラソン 

日 時:2015年10月4日(日)
    午前9時受付開始 10時開会式

会 場:朝里川公園自由広場集合


★ 徒歩でご来場下さい!
  車でのご来場はどうぞご遠慮下さい。
★ 最寄りの中央バス停留所は「新光町十字街」です。


締 切:
2015年9月19日(土)

※詳細は下記の大会リーフレットを御覧下さい。

★大会リーフレット PDF書類(1.8MB)

★参加申込用紙  POF書類(338KB)
 締切:2015年9月19日(土)

【 趣 旨 】
朝里川の美しい自然の中で、地域住民と子供たちが楽しめるマラソン大会です。朝里川遊歩道は朝里のまちづくりの会と町内会の連携で、桜やアジサイの植樹と草刈りが行われ、整備が進められてきました。この活動を広く知っていただき、朝里の自然保護への関心を深める機会として、遊歩道でのマラソンを企画しました。競技者と支援者が一体となった親睦的な交流イベントとなるように、競技後は朝里川公園で昼食会も行います。

【 大会スケジュール 】※時間は変更になる場合があります

 09:00 受 付 
 ※各種目ともスタート50分前迄に受付を完了して下さい
 09:30  準備体操
 10:00  開会式・大会長挨拶
 10:15   1km 小学校 1〜2年生 男・女
 10:25   3km 小学校 3〜4年生 男・女
 10:50   3km 小学校 5〜6年生 男・女
 11:00   5km 中学生以上一般 男・女
 11:10  ★ 50m走ゲーム 未就学児が対象です。
  ※ゲームは当日受付・参加無料、自由広場内で開催します
 11:40   3km 親 子
 12:00  昼食会(参加者以外の応援の方にはカレー
  ライス300円・ドリンク100円を販売します)
 12:30  表彰式・閉会式
 13:00  解散・後片付け

【 マ ラ ソ ン コ ー ス 】
各コースは朝里川公園自由広場がスタート&ゴールです。下図をご参照下さい。



【 競 技 種 目 】(全9種目・男女同時スタート)
1km 小学校 1〜2年生 男子・女子
3km 小学校 3〜4年生、5〜6年生 男子・女子
5km 中学生以上一般 男子・女子
3km 親子(小学4年生まで)
※各種目とも第1位から3位までを表彰します。
※各種目とも完走者全員に完走証を授与します。

【 参 加 費 用 】
小学生 300円、 中学生・高校生 500円
親子1組 700円、 一般 800円
 ※参加費には保険料が含まれます。
 ※出場者にはドリンクと食事が無料で提供されます。
(選手以外の方にはカレーとドリンクを販売します)

【 安 全 へ の お 願 い 】
マラソンコースは、住民が散策できるように自然歩道となっております。安全に走っていただけるようできるだけ障害物は取り除きますが、自然保護の観点から道路整備には限界がございます。1kmコース以外は自然道となりますので、十分に注意をして走って下さい。また、保護者のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

【 駐 車 場・ト イ レ・手 荷 物 預 か り 】
朝里川公園敷地内の駐車場は限りがありますので、出来るだけ車両のご利用はご遠慮ください。会場内のトイレは公園内に2ヶ所、5kmコースでは新光南会館の利用が可能です。競技参加者の手荷物は所定の場所に置いていただき、スタッフが監視しますが、盗難などの責任は負いかねますので、自己責任において管理して下さい。貴重品並びに危険物の持ち込みはご遠慮願います。

【 朝里川遊歩道親子マラソン 参加申込について 】
◎申込用紙は下記からもダウンロードできます。締切りは 9月19日(土)必着 です。
★参加申込用紙  POF書類(338KB)

◎ 申込用紙1枚につき1名、もしくは親子1組の申し込みとなります。参加申し込みされる方は各項にすべてご記入の上、下記事務局へ参加費を添えてご提出下さい。受付完了証と領収証を発行します。

◎ FAXでのお申し込みの場合は、折り返し受付完了証をFAXしますので、大会当日受付にご持参の上ご精算下さい。2日以内にFAXが返信されない場合は再度お申し込み下さい。

◎ 申込先:小樽・朝里のまちづくりの会事務局
 電話 0314-51-2121  FAX 0134-54-7048
 小樽市新光4丁目1番16号 北海道新聞中販売所内
 (平日午後7時迄・日祝は正午迄営業)

 
朝里神社百周年例大祭


朝里稲荷神社は天保五年(1834年)に創建しました。
大正四年十一月に朝里神社と改称し、
百年の歳月が流れました。


朝里神社百周年例大祭

平成二十七年 夏 朝里神社境内

宵宮祭り 八月二十九日(土)
本祭り 八月三十日(日)

◎8月29日(土) 宵宮祭
15:00     おもしろ子供選手権「ぶんちゃんと遊ぼう」
15:50   子供相撲大会「朝里場所」
16:40 宝来ひょっとこ踊り保存会
17:25   朝里民謡会
18:10   フォークバンド『四丁目の夕日』
19:00 カラオケ大会 『朝里名人戦』 
ゲスト歌手:叶やよい(キングレコード)
ご挨拶:鈴木 隆義(祭典実行委員長)

◎8月30日(日)本祭り
13:00 神輿渡御
16:00 朝里中学校吹奏楽部
16:45 乞うご期待!
17:30 ハラウフラ・オカリハウ・フラダンス
18:15 江差追分日本一・杉野忠勝民謡社中
19:00 カラオケ大会『子供チャンピオンシップ』
19:30 カラオケ大会『朝里・新光町会対抗団体戦』
 ゲスト歌手:中村 明(コロムビアエンターテイメント)
ご挨拶:安藤忠五郎(朝里神社氏子代表)、鈴木隆義(祭典実行委員長)

 
災害時炊出し訓練と花見の会


 NPO法人小樽・朝里のまちづくりの会主催の『災害時炊出し訓練と花見の会』が、5月10日(日)午前10時より新光南会館前集合で行われました。朝里、新光西、新光東、新光南の各町会と敬老会、朝里地区少年を守る会とまちづくりの会から、過去最高の120名が参加。



 朝里のまちづくりの会の菊地芳郎会長は、3月に雪解け水で自宅が床下浸水にあったことを例えにして「災害はいつやってくるかわかりません。いざという時に備え日頃から地域協力をしっかり深めましょう」と開会の挨拶。同会の中一夫事務局長も「今は地域の団結力が求められる時。まずは朝里から心を寄せ合う地域活動をはじめましょう」と呼びかけました。



 レスキューキッチンによる炊出しは、本谷登己雄さんがリーダーとなり、米10キロの炊飯とおにぎり作り、豚汁の野菜切りと調理、ジンギスカンの野菜切りと盛り付けの3班で作業を行いました。4月30日に行なった参加団体への事前説明会で各町会の役割分担を決めており、作業はスムーズに進んで、おにぎりは164個、豚汁も120食を予定時間までに完成させました。人参やイモの皮むきのほか、梅干しの種取り等の細かな作業も衛生手袋を付けた男性メンバーが行い、手際の良さを披露しました。







 会館横の遊歩道では照井英子先生の指導で、太極拳体操の実演。この日は夜中に降った雨と風で少し肌寒さもありましたが、空は快晴。天に向かって伸ばす手も清々しく気持ちよさそうです。



 新光南会館内では、小樽市総務部防災課の半田登希夫さんによる「まち育てふれあい講座」が行われ、小樽市の過去の災害、津波災害、土砂災害、避難情報、小樽市の取り組みについてスライドを使って説明がありました。小樽は大きな災害がないと思いがちですが、大風や豪雪の被害、朝里峠の土砂崩れなどの写真を見て、身近にも起こりうることを再認識。





 朝里町会の伊藤昌吾会長からは津波に備えての海抜表示と避難所の開設者について質問があり、海抜表示について朝里地区は今年度中に設置が完了予定であること、また朝里小学校等の避難所を開設するのは在校時であれば学校長、夜間休日は近隣に住む市職員が駆けつける態勢になっていることなどが報告されました。



 併せて避難所で安心して過ごすためのヒントとして、避難者名簿の作成、ニーズに合った居住スペースの作り方、断水時にトイレを詰まらせない工夫なども紹介、簡易組立トイレ等の避難時に役立つ備品の展示もありました。



 正午からは会館前駐車場にて、炊出しの試食と、ジンギスカンを囲んで約1時間の懇親会。4月の選挙で見事に再選された地元市議会議員の新谷としさん、斉藤陽一良さん、佐々木秩さん、横田久俊さんも揃って参加し、新たな任期への抱負を力強く語りました。





 各参加団体代表からのスピーチもあり、新光南町会の長澤恵美子副会長は「毎年行っているこの訓練はとても重要だと思います。これからも他町会と協力して取り組んでいきます」と。また新光南友愛の会の吉能英治会長は『葉桜や 地域のきずな 朝里川』の一句を披露。朝里川河川敷には昨年秋に地域の皆さんと植樹した八重桜が、可愛らしいピンクの花をつけていました。














災害時炊出し訓練実施のご案内
タイトル:災害時炊出し訓練と花見の会

主催:NPO法人小樽・朝里のまちづくりの会

日時:2015年5月10日(日)午前10時開会式(9時30分受付)

集合場所:新光南会館前(小樽市新光5丁目5−7)

イベント内容:災害時に連携して助け合うためにできることを学びながら、地域住民の交流を深めます。また朝里のまちづくりの会と地域住民が植樹し管理する朝里川遊歩道の桜も一緒に眺めて親睦をはかります。

 第一部 10:10〜11:40 実演と講座(参加費無料)
  1)レスキューキッチンによる災害時の炊出し実演(会館前で実施)
  2)太極拳体操(会館前で実施)
  3)小樽市出前講座「朝里地区の防災について」(会館内で実施)
  4)避難所で過ごす時の心得とヒント(会館内で実施)

 第二部 12:00〜13:30 花見の会と後片付け
    (参加費一般1000円、中学生以下500円)

  5)レスキューキッチンによる豚汁とおにぎりの試食
   (河川敷で実施)

  6)ジンギスカンを囲んでの花見(河川敷で実施)〜13:00まで
  7)ゴミ分別と後片付け 13:00〜13:30の予定

参加要項:どなたでもご参加いただけますが、事前申込みが必要です。第一部の実演と講座は屋外とと会館内に分かれて行います。見学途中での移動は可能です。第二部に参加される場合は事前に申し込みの上、1名につき1000円(中学生以下は500円)の参加費を会場受付にて徴収します。雨天時も第一部は行います。屋内外でのイベントになりますので動きやすく防寒もできる服装でご参加下さい。

参加申し込み:朝里のまちづくりの会事務局(中井)0134-54-3161(電話&FAX)まで、参加者全員のお名前(漢字にフリガナ)、年齢(学年)、ご住所、電話番号と、第二部参加の有無を明記ししてお知らせ下さい。申し込み締め切りは4月30日(木)です。


※尚、4月30日(木)午後6時より中サロンにて、地域の町会・団体の皆様との事前打ち合わせ会議を行います。イベント当日の運営についての説明や意見交換を行いますので、一般の方もぜひご参加下さい。

■2014年の災害時炊出し訓練の様子


▲新光南会館前でのレスキューキッチンによる炊出し


▲地域町会から男性メンバーが料理に挑戦。


▲会館内では車いすにパイプを取り付けて坂道を登りやすくする補助器具の紹介や応急処置法の説明がありました。


 
『小樽雪あかり賞』
 第17回小樽雪あかりの路「雪とあかりのオブジェコンテスト」で、朝里十字街ゆきまつり会場のオブジェ「天国への階段」が最高賞の『小樽雪あかり賞』に選ばれました。デザインは「朝里にまちづくりセンターを創る会」の佐々木秩さん。同会メンバーに郵便局チームも協力して制作しました。おめでとうございます!来年も頑張りましょう!


(写真は3月18日付北海道新聞朝刊・小樽後志版)


「天国への階段」
第5回朝里十字街雪まつり・第1日目
「朝里十字街雪まつり」第一日目は、ぽかぽか陽気の晴天に恵まれて元気に開幕しました。
会場には10時ころからたくさんの子供たちが遊びに来ていて、11時の開会宣言の頃には200人以上の来場者で賑わいました。
明日8日も11時から13時までの開催です。飲食売店、親子玉入れ、宝さがし、ソリ競争のほか、おたる水族館のペン太くんも登場してのクイズゲームがあるのでお楽しみに!


小樽のゆるキャラ「運がっぱ」ちゃんと、道新のマスコット「ぶんちゃん」のツーショット。


ステージでは雪のオブジェの紹介をしているのですが、どこもかしこも子供たちに占拠されています。


こちら万国旗も賑やかな雪の滑り台。


滑り台も2本のスロープに順番待ちが出来ました。


子羊に乗って写真を撮るのが好評です。


もちろんオラフのミニ滑り台も大人気!


機関車トーマスに乗車中。


列車の窓から顔をだすのが可愛いのです。


飲食売店前のテーブルも満席。


客席に手を振るのは、ご当地演歌歌手の叶やよいさん。演歌だけじゃなく「ありのままに〜♪」も披露しましたよ。


ご協賛ありがとうございました!おかげさまで今年も子供たちはいっぱい遊んで、ゲームで景品ももらって大満足です。