活動の模様を写真と記事で紹介します。
ブログを活用して、より読みやすいものにしてみました。
コメント、トラックバックなどたくさんお寄せ下さい。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
朝里川遊歩道の除雪作業

  4月に入っても名残の雪が舞う毎日ですが、今年も朝里川河畔の河川敷に春を呼び込む除雪作業が、4月10日午前9時から、小樽・朝里のまちづくりの会によって行われました。

 遊歩道の入り口にあたる朝里川公園に近い上朝里橋から札樽自動車道の橋の下までは、生活排雪の雪山が特に多く、自然にまかせると連休になっても雪が残るであろう状態。今回も小樽自動車学校の織田恵憲会長の協力をいただき、ブルドーザーを使っての除雪となりました。

 まちづくりの会からは花部会の7名が立ち会い、雪山の上から桜の位置を確認。重機の運転を担当された鹿角さんは昨年も同じ場所での除雪に携わっているので、桜の木を避けながらの作業も実にスムーズ。

 「今年は寒さが厳しかった分、上流の雪解けが進んでいないのか、まだ川の水が少ないですね。今日の除雪には小樽自動車学校さんの多大なご協力をいただき、感謝しています。これで5月の花見が待ち遠しくなりましたね」と、朝里川近くに住む菊地芳郎会長。雪に覆われていた桜並木も春の日差しを浴びて嬉しそうでした。


小樽ロータリークラブより桜植樹の助成事業が贈呈されました。

5月24日に新光南会館で行われた小樽ロータリークラブの第42回例会において、NPO法人小樽朝里のまちづくりの会への「桜植樹の助成事業」が贈呈されました。これは昨年秋に同クラブがロータリー財団補助金委員会に「補助金20万円分の桜の木と植樹作業」を申請していたもの。5月15日に行われたまちづくりの会の桜植樹活動には、ロータリークラブ会員10名も参加し、10本の桜を朝里川公園側に植樹しました。朝里川河畔の整備への理解とご協力に心から感謝いたします。ありがとうございました。

贈呈式で挨拶する朝里のまちづくりの会・菊地芳郎会長(写真右)

新光南会館前で小樽ロータリークラブ会員との記念撮影

第一回花植活動に参加者100名!ありがとうございました。

ゆらぎ街道(道道1号線)沿い植樹枡の花植えが、5月22日(日)午前8時より行われました。集合場所となった朝里郵便局駐車場には朝里のまちづくりの会会員、東日本高速道路鷏北海道支社の社員さん、地域町会の皆さん、総勢約100名が集まりました。

朝里のまちづくりの会花部会の安達さん(写真右上/中央)が、当日の作業内容を説明、参加者には花の配置や肥料の入れ方などを箇条書きにした説明書も配布されました。花部会はこの日に先立って植樹枡の土起こし、雑草取りを前日までに行い、また当日も早朝から各植樹枡に花苗と肥料を配置したりの準備作業を済ませており、作業の効率化が図られていました。花部会の皆さんありがとうございました。

今回は国道5号線と交わる朝里十字街から、望洋台へ向かう新光大橋の交差点まで。参加者は3人〜5人ほどのグループに分かれて大小の植樹枡を担当、花位置をレイアウトし、穴を掘り、肥料を入れ、苗を植えるという手順で作業を進めました。





ラポール東小樽病院前の植樹枡。電信柱を挟んで15メートルくらいあります。作業半ばで、向いの東日本高速道路さんから助っ人が。どんどん作業が進みました。ありがとうございました。

この日は肌寒さが残る薄曇りでしたが、前夜までの雨も上がり、地面は程良く湿っていて水やりの手間を省くことができたため、花植活動は予定していた時間内に全て終えることができました。

この日20名ほどの社員が参加してくださった東日本高速道路鷏北海道支社さんからは、ミネラルウォーター144本のご提供があり、参加者は作業後に喉を潤していました。お心遣いありがとうございます。

ゆらぎ街道沿い花植作業の第2回目は、5月29日(日)午前8時、北海道新聞中販売所前集合で、新光大橋から湯の花近くの文治橋までの区間で実施します。どなたでも参加できます。よろしくお願い致します。

ゆらぎ街道沿いの植樹枡に花を植えます。

ゆらぎ街道(道道1号線)沿い植樹枡の花植え

【第1回】朝里十字街から新光大橋付近まで
日時:5月22日(日)午前8時集合(9時半頃の終了予定)
場所:朝里郵便局駐車場

【第2回】新光大橋付近から文治橋まで
日時:5月29日(日)午前8時集合(9時半頃の終了予定)
場所:北海道新聞中販売所駐車場

持ち物は、軍手、タオル、移植用のシャベル等(手持ちが無い方にはお貸しします)
作業しやすい服装でお越しください。どなたでも参加できます。
ご協力をよろしくお願い致します。

お問い合わせは まちづくりの会事務局 0134-51-2121(北海道新聞中販売所内)

ゆらぎ街道花植え
 NPO法人小樽・朝里のまちづくりの会(菊地芳郎会長)主催、ゆらぎ街道(道々1号線)の第1回植樹桝花植えが、5月25日(日)午前8時にゆうちょ銀行小樽朝里支店駐車場に集合後、朝里十字街から一光ガソリンスタンド前まで行われました。

 同会員の他、朝里地区民生委員児童委員、新光西アカシヤ少年消防クラブ、一般参加者など約70人が参加。町会単位での参加もあり、雨に降られた中、みなさん頑張ってくれました。

 今回は特に朝里神社例大祭で勇壮な神輿ねりこみの中心になっている“おたる北海睦”の関博之会長ら面々が応援に来てくれて、植樹桝の土おこしを率先してやってくれました。

 マリーゴールドやジニア、メランポジュームの花を先発隊が植樹桝に置き、土おこし隊、花植え、肥料やり清掃と約二時間の作業でした。
今年は花の苗を水につけてから植える事にしたため、バケツを持参して貰いました。作業前に植え方を説明、子供達は興味を持って聞いてくれたようです。
 
 毎年お手伝いにきて下さる顔ぶれに加えて、はじめての方も増え、地域を花いっぱいで美しくという、理解が広がっているからでしょう。

 花を美しく維持するには、水やり雑草取りとお世話人が必要です。沿道に面したお店やお家の方にかなり協力して頂いていますが、まだまだ人手が足りません。ご協力して下さる方は下記までご連絡下さい。次回の花植えは6月1日(日)午前8時道新中販売所前集合で、宏楽園前から湯の花朝里殿前までを実施します。みなさんのご協力をお願いします。

■次回花植え 
日時:6月1日(日)午前8:00
集合場所:道新中販売所前
持物:ゴム手、軍手、シャベル、
バケツ、汗拭きタオル、帽子など

■植樹桝の管理人募集 
お問合せ先:小樽・朝里のまちづくりの会事務局 TEL.51-2121
※ゆらぎ街道沿いの植樹桝の、水やりや草取りなどのお世話人ボランティアです。ご担当いただける植樹桝をご案内いたします。
みんなで花の道づくり
 ゆらぎ街道(道道1号線)の植樹桝の本年度第1回花植えが、小樽・朝里のまちづくりの会(菊地芳郎会長)主催で、一般に呼びかけ、5月27日(日)朝里郵便局前に集合して行われました。
 朝里小学校の運動会が延期になる程の小雨まじりの曇天でしたが、徐々に持ち直し、朝里地区民生委員児童委員、小樽信用金庫、新光西町会やアカシヤ子供会、朝里町会婦人部、朝里サッカー少年団他、約100人が参加してくれました。
 1回目は朝里十字街から新光大橋入口手前まで。先発隊が穴掘りと植樹桝に花を運搬、花植え隊が雑草取りをしながら花を植えていきます。管理して下さっている植樹桝は、前もって雑草を取り、植えるばかりになっているところもありますが、それ以外の植樹桝では雑草取りに手間取って時間がかかり、皆さんお疲れの様子でした。新光西町会の大塚俊幸文化体育部長は「庭づくりはしているけど、ここは雑草などの維持管理が大変ですね」と。
 マリーゴールドやサルビア、ペチュニアなど、6000株の花を今回と6月3日(日)の2回で植えます。彩り良く植えた花に「初めてだったけど楽しかった」と新保心基、智大兄弟。「植え方も覚えた」と家族4人で参加の藤田楓香ちゃん。カラオケ歌屋前から道営住宅前まで管理してくれている新光西アカシヤ子供会の脇澤英男青少年部長は「昨年より1桝多くしました。花の成長に伴って、水やりなどの世話が大切なことを知るのは子供達にとって良いことですね。新和会の方にもサポートをお願いしています」と力強い言葉。
 これから日照も強くなり花も水不足になりがちなので、沿道付近にお住まい方にご協力いただければ幸いです。