ゆらぎ街道・クリーン作戦


 春のクリーン活動が4月23日(日)午前8時より、朝里十字街から文治橋の区間で行われました。

 起点となる道新中販売所前に集まった会員は25名。軍手に火バサミ持参で、小樽市指定のごみ袋を手に、二手に分かれ、沿道のゴミを拾いました。


 各町内の美化活動を反映して、商店や住宅地の前は比較的ゴミも少なく、クロッカスや水仙のつぼみがふくらみ始めた植樹桝へのごみの投げ捨ては減っているようでしたが、バス停付近のタバコの吸殻やキャンディーの包み紙のポイ捨てが目につきました。


 犬のフンの不始末などは、以前に比べるとかなり少なくなってきているようですが、あきれるぐらい大きな落し物(大型犬でしょうね)には、自分も犬を飼っているだけにがっかりでした。また、同じ場所に同じ銘柄の焼酎の空き瓶(ワンカップ)ばかりが大量に投げ捨てられていて、これは冬の間、毎日同じ人がここで立ち飲みして投げ捨てたのではないかと推察。雪解けと共にその所業があきらかになって、心を痛める事はないのかなぁと考えてしまいました。

 この日の早朝は小雨模様でしたが、クリーン活動開始時には晴れ間も見えはじめ、まずまずの天候に恵まれました。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM