活動の模様を写真と記事で紹介します。
ブログを活用して、より読みやすいものにしてみました。
コメント、トラックバックなどたくさんお寄せ下さい。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゆらぎ街道・クリーン作戦 | main | 朝里遺産散策 >>
遺産部会が軍用道路視察
4/29、まちづくりの会、遺産部会の末永さん他3人が、残雪の軍用道路を雪中行軍して道路の状況を確認してきました。

以下は末永さんからの結果報告投稿です。
----------------------------------------
 おかげさまで、無事目的を達しました。両側のふくらはぎにこう薬を貼っています。
雪中行軍二時間半で踏破しました。この雪のある時期で却って良かった。
植物が繁茂する時期なら、こんなわけにはいかなかった。
崖崩れの場所が一か所あり迂回に手間どりました。
途中の景色は眼福でした。一枚だけ御披露します。雨竜の山々の手前は張碓の採石場です。

5/7は豊倉から量徳寺まで歩いた後、守谷・小元・瀧内・末永で残り三分の一を歩き、さらに別の日に張碓から銭函の三分の一を歩くと全線踏破になります。
-----------------------------------------
ご老体(笑)に鞭打って頑張ってくれました。
5/7は豊倉小学校から、水芭蕉を眺め、望洋台中学校の脇に出て、本来の軍用道路をわずか歩き、宮田のゴルフ練習所前を通過、桜が咲いていれば潮見台公園を経て、宗円寺の五百羅漢をみる、まちづくり会のイヴェントを経て、本来の目的の軍用道路を、龍徳寺から毛無を通り、望洋台(桜チャシ)、朝里川左岸(本当は右岸がルートですが橋がなくて渡れない)、新光十字街まで。
これで張碓からの道につながり、小樽ー銭函間の2/3を確認したことになります。ルートの詳細は次のサイトから。http://www.ot.hkd.mlit.go.jp/doro/blank/sasson_story/02/index.html
老体 | 2006/05/03 16:18
 ご老体様(笑)、コメント有難う御座います。ルートを拝見すると7日もきつそうですね。私もオブ参加したいのですが、病み上がりですので体調を整えてからにします。といいながら今日は10キロほどランニングしてしまいました。
HP-STAFF | 2006/05/03 16:28
5/7はどんな靴を履けばいいのでしょうかね?
未だ雪が残っている場所もありますか?
登山靴は持っていないので・・・。
運動靴(スニーカー)でも大丈夫かなぁと思っているのですが。

高野 | 2006/05/03 18:12
もう雪もないでしょうからスニーカーでもいいと思います。
出来ればワークブーツかなんかあればいいのでしょうが。
といっても、私も素人ですけれど。

それはそうと、豊倉小学校前に何時集合でしたでしょうか。
穀象 | 2006/05/05 20:56
8時半、豊倉小学校集合です。
老体 | 2006/05/06 16:23
おはようございます。

集合時間ですが、朝里川プレスでは、ずっと9時集合で
アナウンスしています。

快晴です。午後には雨という予報でしたが、
このまま降らないといいですね。

高野 | 2006/05/07 06:47
朝里の遺産を検証されていらっしゃる皆様、頑張ってください。小生は、朝里に最初に入植した青山三蔵の曾孫です。また現在の朝里神社を建立した青山憲政は、祖父の実兄です。
このサイトを偶々拝見したのは、本年8月に紀伊國屋札幌本店に於いて、最新刊『反日包囲網の正体』の講演&サイン会でクラーク博士のことに触れました。

現在、観光都市としてしか活路を見いだす以外にない小樽であれば、どなたがクラーク博士と軍人道路に触れていないかを、キーワード検索をしていて見つけました。

陰ながら、小樽の応援団と認識してやっておりますが、小樽市民の反応はどうなのか分かりません。
クラーク博士は軍艦で、小樽港に黒田清隆と農学校第一期16名と上陸し、生徒は磯船で銭函から札幌へ。黒田清隆とクラーク博士たちは、越中屋旅館で休憩してから馬で札幌へ向かったのです。

その道を観光道路「クラークの道」にするべきなのです。

ご参考まで、《小樽龍宮神社で「日本鎮護」を祈願した麻生太郎元首相と中山成彬・恭子ご夫妻。龍宮神社は日本復興の聖地です!》《http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/?mode=m&no=358&cr=b4c25a2cc273801e6f752538a0976932
水間政憲 | 2011/09/03 08:16
COMMENT