朝里十字街雪まつり実行委員会報告会兼慰労会

 今年も大勢の親子連れで賑わった「第6回朝里十字街雪まつり」の報告会兼慰労会が、2月16日(火)午後6時より湯の花朝里殿にて行われました。同実行委員会の伊藤昌吾会長は「多くの皆様の協力を得て立派なイベントが出来ました。小樽の中でもこの地域は互いに協力し、様々な活動で子供たちを大事に守り育てていると感じています」と挨拶。
 75名の出席者にはカラー写真で表紙が飾られた報告書が配られ、中井進事務局長から活動実績と収支報告がありました。来場者数も売店売上も前年より2割増し近い数字となり、また企業や商店からの協賛・協力も増えており、雪まつりの主旨が理解され地域に定着してきたという手応えを感じます。
 新光西町会の宮本義徳会長の乾杯の音頭で始まった懇親会は、ビンゴゲームもあって和やかに進み、新光東町会の澤田佳徳会長による三本締めで、地域の益々の発展を皆で祈念しました。


▲報告会の様子


▲雪まつり実績報告書と朝里川プレス


▲2月2日に行われた実行委員会の第3回会議。


 


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM