朝里十字街雪まつり・雪あかりの路会場点灯式

「第6回朝里十字街雪まつり」の前夜祭として、2月5日(金)午後5時より同会場にて「雪あかり点灯式」が行われました。
雪まつり実行委員会の伊藤昌吾会長は「朝里から温泉までの町会と協力団体が力を結集して今年は大きな5基の雪像が出来ました。子供さんが元気に寒さを克服して遊べるように滑り台がついています。明日からの雪まつりを安全に楽しく行いましょう」と挨拶。
 神主の森建丸さん(新光3)がお祓いを行い、実行委員会役員7名が玉串を捧げ、約60名の参加者とともに雪まつりの成功を祈願しました。
 点灯式で小樽・朝里のまちづくりの会の菊地芳郎会長らがろうそくを灯すのを合図に、会場内のオブジェにも灯りがひろがりました。メインステージの「朝里悲恋物語」の主人公・お小夜と清吉の胸元にもろうそくの灯りがゆらめき、雪のオブジェの芸術的な仕上りに皆感心しきり。
 朝里のまちづくりの会女性部手づくりの蕎麦や温かい飲み物も振る舞われ、約二週間に及ぶ寒さの中の作業を労いました。













calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM