活動の模様を写真と記事で紹介します。
ブログを活用して、より読みやすいものにしてみました。
コメント、トラックバックなどたくさんお寄せ下さい。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゆらぎ街道(道道1号線)植樹桝冬支度 | main | 朝里のまちづくりの会新年会 >>
「第7回さくらセミナー in 松前」参加報告


11月8日の松前での「さくらセミナー」に、小樽・朝里のまちづくりの会から大原さん・永井さん・本谷さん・中井の4人が参加しました。片道約5時間の長旅ですが、ある程度道も分かり晩秋の景色を楽しみながらのドライブでした。到着した夜は渡島支庁・松前町観光課・樹木医・さくら研究家らと我々まちづくりの会の合計17名で懇親を深めました。小樽から樹木医の豊田さんが参加されていることは行く直前に分かっていたのですが、驚くことに新光1丁目に住まわれていることでした。これを機に色々お世話になることでしょう。


松前城公園の冬桜を観察


翌朝7時過ぎに松前城公園に赴き、東京と三重県から来ていた桜研究家と一緒に、秋の桜見物に行きました。と言っても1本の桜の木に数輪の花が咲いているだけですが「冬桜」「九条乙女桜」「十月ザクラ」の花を見ることが出来ました。因みに朝里川公園には「アーコレード」という桜が11月上旬に咲いていました。桜の原種は南方にあり四季に咲くもので、日本に渡ってから春に咲くようになったと聞きました。


晩秋の空に咲く可憐な冬桜


9時半から苫小牧在住の樹木医・金田正弘氏によるセミナーを受講しました。道央から道東にかけての桜の治療例を多くの写真を交えての話で、適切な治療を施すことで、桜の生命力を引き出し回復する様は、私達素人には驚きでした。これからの活動に勇気をいただいたと思います。金田さんは宏楽園の桜を管理されていますので、これからもご指導をいただけるものと思います。セミナーの余韻に浸りながらの帰途でした。(中井進)


たくさんの画像を使ってのセミナー

講師の金田さん

(主な参加者)
渡島支庁・西部森林室 室長 小野寺秀美氏(木戸口氏の後任)
上川支庁・北部森林室 室長 木戸口和裕氏(前渡島支庁在籍)
松前町商工観光課 課長 佐藤隆信氏
樹木医 苫小牧 金田正弘氏
樹木医 森町 桜田通雄氏
樹木医 小樽市新光 豊田 栄氏
日本花の会会員(三重) 倉田 裕道氏
江北村の歴史を伝える会 青木 太氏


★おまけ この桜セミナーの常連、江北村の歴史を伝える会の青木さん