小樽・朝里のまちづくりの会について

 朝里地域は、 小樽の中では比較的早く、江戸時代の末期に拓け、明治初期には小さな村落となっていました。他地域と同様、朝里もニシン漁で活気が生まれ、徐々に山の上地区の方に畑作農家などが広がっていきました。

 

 小樽の 東部地区の熊碓、朝里、張碓、銭函は昭和15年8月31日まで農漁業を基幹産業とする独立した自治体「朝里村」でした。村役場は朝里にあり村議会がもたれていました。

 

 小樽市と合併になった朝里ですが、戦後少しずつ都市化が進み、望洋台地区の開発などもあり地域全体が住宅地へと変貌していきました。

 

 昭和20年代には、小樽唯一の温泉街、朝里川温泉が誕生。小樽保養の奥座敷として人気を得ました。その後、同温泉は、盛衰の波を乗りこえて、平成に入って再び活気をとり戻しました。

 

 そんな中、朝里(小樽)と定山渓(札幌)を結ぶ、小樽定山渓線(道々1号線)の改良工事が進み、平成12年4月21日に、冬期を含めての通年開通が実現することとなりました。

 

 明治9年、美泉定山和尚が同線開通を夢見て測量作業をして以来、124年が経過しての快挙でした。

 

 朝里川温泉組合の有志、地域の活動家などは、これを朝里の町おこしの絶好機と考えました。それに、統一地方選で初選出となった地域の市会議員や、まちづくりに気持ちを寄せる有志たち、ヤマベ放流を十数年継続していた「ふる里の川づくりの会」のメンバーが中心となり「小樽・朝里のまちづくりの会」は平成11年(1999年)5月19日に発足しました。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM